Just another WordPress site

【登録販売者勉強方法】勉強を継続できない私が習慣化で一発合格!【理由と解決策】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
現役の登録販売者です。 学生時代にアルバイト中に登録販売者の資格試験に合格しました。 一発合格で2ヵ所受かりました。 今でも後輩の登録販売者試験勉強の手伝いをやっています!

あぁあああああ!!登録販売者の勉強が継続できない!!私は何も続けられない愚かな人間だあぁああ・・!! 昨日、毎日30分の登録販売者の勉強をすると誓ったのに!またサボってしまった! この記事ではそんな悩みにお答えします。

侑(Yuu)

この記事を読んでわかる事(記事の内容)

・「過去問題集を1分1問だけやる」「テキスト1ページだけ読む」

・習慣のハードルは低い方がよい

・習慣づくりにかかる日数は平均66日

・モチベーションに頼ってはいけない

・脳の抵抗を減らす/ご褒美をあげる

・一歩止まって考える。

・まとめ:ウサギよりカメでいきましょ

以前以下のツイートをしました。


登録販売者の勉強方法はいろいろある。だが良い勉強方法には同じ要素がある。

・「継続してできる」こと

勉強はぶっちゃけ継続できないもの。継続するにはコツがある

今度ブログで書いてみる。

ウサギ型よりカメ型の方が最終的に強い。
カメでいきましょ

上記のツイートの深堀りも含めて解説していきます。

ではよろしくお願いします。

・「過去問題集を1分1問だけやる」「テキスト1ページだけ読む」

登録販売者の勉強を始めるときは「過去問題集を1分1問だけやる」「テキスト1ページだけ読む」ことからはじめましょ。

登録販売者の資格の勉強で1番の問題は「勉強を継続できない」ことだと思っている。勉強が継続さえ出来れば必ず合格できる。反対に暗記が得意でも継続した勉強が出来なければ一発合格は厳しいと思う。

・家で寝る前に過去問を1分1問だけやる

・風呂あがりテキスト1ページだけ読む

大切なことは毎日継続して出来ることから始める

1問と0問では天と地の差がある。

最初はバカバカしほど小さなステップから始める。

初めから30分の勉強なんて初心者がエベレストに登るようなもの。

1問から始めて気づいたら30問やっていた。1回やるとおまけでもっと多くこなせることがある。

1回初めてしまえばオマケで多くをこなせる。それが習慣となります。

・習慣のハードルは低い方が良い

習慣にするにはハードルは低い方が良い

例えば、毎日過去問を10問解く目標を立てたとして、忘れて寝る前にベットに入って気がつけば、おそらくやらない。明日にしようと考える。

1問ならベットの中で寝ころびながらやる、続けることができる

歯磨き、洗顔などは起きれば人は何も考えずに行います。それは継続した事が習慣になってしまったから。

小さな行動は徐々に生活の一部になる、だからまずは最小限のことだけを続ける

最小限の事を毎日やるそれでOK。

・習慣づくりにかかる日数は平均66日

習慣づくりにかかる日数は平均66日(約2ヶ月)。だから2ヵ月はがんばる。

勉強が習慣になるのは66日、約2ヶ月だそうです。だから2ヵ月だけがんばる。という目標を立てましょう。

・スマホに今日のタスクとしてアラーム登録しておく

・仕事終わりにスタバに毎日よる人なら、スタバで過去問を解いてから家に帰る(テキスト、過去問は常にカバンにいれておく)

・目につくところにテキストを置いておく(ベットの脇に置いておく)

習慣にすればやらないと気持ち悪くなる。

今の習慣化された生活スタイルの中に勉強時間を足すのがオススメ。

・モチベーションに頼ってはいけない

「登録販売者の資格に一発合格するぞおぉおおおお!」と始めはやる気満々、モチベーション全開で勉強をスタートする人がほとんど。ですが間違いなく1週間後にはそんな気持ちは忘れていますよね。モチベーションに頼れば勉強は継続出来ません

モチベーションがうまく機能するのはエネルギーが「あり余っている時」と「大きな誘惑」がないときだけ。

仕事で疲れたり、友達に誘われてどうしても遊びたかったら「明日でいいや」と言い出す。それが人間

モチベーションはすぐに崩れるから信用できない

わずかな「意志の力」が大事、モチベーションは必用ない

意志の力を下げるもの5個

・努力が必要な場合

・不定的な感情

・疲れ

・満腹

・困難

人はやらない理由、出来ない理由を探す天才です

だから1問だけ、1ページだけ読む。簡単な事から始め継続し習慣化する。

・脳の抵抗を減らす/ご褒美をあげる

ここからは本で読んだ脳のお話しです。

人の脳は変化に抵抗するように作られている⇒そもそもヒトはめんどくさがりや

そりゃそうですよね。新しいことに危険を顧みず挑戦していたら、人類は絶滅してます。臆病だから人類は生き延びられた。

脳はこれをすると得だとわかっていないとやる気にならない

1問1ページ読むとチョコレートを食べる

そうすれば脳はやること自体に満足感を得られるようになる。最後はご褒美なしでも行動が続けられるようになる。

試験が終われば旅行に行こう!やりたかったゲームをはじめよう!でも効果的です。

・一歩止まって考える。

どうしても勉強をやる気になれない時もあります。そんな時は「一歩止まって考える」。私はなんで登録販売者の勉強をしようと思ったんだろう?と。必ず登録販売者の勉強をしようと思った重要な理由があるはずです。それを思い出しましょう。

「登録販売者になる」それが自分にとって重要な事だった理由があるはずです。

時間とエネルギーは有限です。SNS、人付き合い、残業、ゲームそれをやればそれだけエネルギーと時間を失っています。

・今までの勉強を無駄にしていいの?

・テキスト代や過去問題集が無駄になっちゃうよ?

・周りからバカにされるかなぁ・・、恥ずかしいなぁ・・・。

一歩止まって考えれば、またやる気になってきます。

登録販売者試験の勉強は1点突破。人間は1点に集中しなければ突き抜けることができない。今自分が何に力を使うのかは慎重に選ばなければならない。

・まとめ:ウサギよりカメでいきましょ

今回の記事はちょっとまとまりがない話になりました。

イングランドの詩人ジョン・ドライデン先生の格言

「はじめは人が習慣をつくりそれから習慣が人をつくる」

があります。登録販売者の勉強にあてはめると

小さな勉強の継続が習慣を作り、習慣が学習効率を上げる。一歩止まって考えることが一発合格への勢いを生む。

感じです。

まとめます。

登録販売者試験の勉強を継続する方法

1:「過去問題集を1分1問だけやる」「テキスト1ページだけ読む」ことからはじめましょ。

2:習慣にするにはハードルは低い方が良い

3:習慣づくりにかかる日数は平均66日(約2ヶ月)。だから2ヵ月はがんばる。

4:モチベーションに頼れば勉強は継続出来ません

5:人の脳は変化に抵抗するように作られている⇒そもそもヒトはめんどくさがりや

6:どうしても勉強をやる気になれない時もあります。そんな時は「一歩止まって考える」

ウサギとカメならやはりカメの方がいい。

人の世の悩みは古今東西、今も昔も変わりません。継続力を武器に勉強していきましょう。

 

人気記事:【登録販売者勉強方法】独学3ヶ月で一発合格する5個のポイント【初心者必読】

人気記事:独学向け登録販売者試験テキストと過去問題集の選び方+おすすめ4選

人気記事:【登録販売者とは】試験概要から難易度、将来性まで解説【完全初心者向け】

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
現役の登録販売者です。 学生時代にアルバイト中に登録販売者の資格試験に合格しました。 一発合格で2ヵ所受かりました。 今でも後輩の登録販売者試験勉強の手伝いをやっています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登販部:登録販売者独学勉強方法 , 2021 All Rights Reserved.