現役登録販売者ブログ

【登録販売者】合格率を試験問題別、都道府県別に分析【裏情報あり】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役の登録販売者です。 学生時代にアルバイト中に登録販売者の資格試験に合格しました。 一発合格で2ヵ所受かりました。 今でも後輩の登録販売者試験勉強の手伝いをやっています!2021年は別の世界を覗いてみたくて、転職活動をはじめました。登録販売者の資格でどこまで生きて行けるか?参考になれば嬉しいです。インドアのクセにチャレンジ好きです。

この記事では登録販売者試験の合格率について書いています。「各都道府県別合格率」、「出題問題(同日の試験日)別合格率」、「合格率は発表より実は低い理由」について書いています。出来れば優しい問題の都道府県で受験したい、合格しやす都道府県はどこ?そんな疑問にお答えします。

侑(Yuu)

この記事を読んでわかる事(記事の内容)

・各都道府県別合格率

・試験問題別(同日の試験日)合格率

・【裏情報】登録販売者試験の合格率は発表より実は低い理由

・登録販売者試験難易度(合格しやすい県)ランキング

・まとめ

・各都道府県別合格率

この記事の執筆段階での最新の各都道府県別の合格率の詳細は以下になります。

(厚生労働省HP:令和元年度登録販売者試験実施状況より)

都道府県名 受験者数(名) 合格者数(名) 合格率
北海道 2,085 1,340 64.3%
青森県 710 433 61.0%
岩手県 603 343 56.9%
宮城県 1,292 800 61.9%
秋田県 542 309 57.0%
山形県 543 326 60.0%
福島県 2,487 1,473 59.2%
茨城県 1,644 584 35.5%
栃木県 1,147 368 32.1%
群馬県 1,421 491 34.6%
埼玉県 3,138 734 23.4%
千葉県 2,749 683 24.8%
東京都 5,126 1,334 26.0%
神奈川県 3,396 956 28.2%
新潟県 1,034 370 35.8%
山梨県 469 180 38.4%
長野県 997 318 31.9%
富山県 710 310 43.7%
石川県 790 293 37.1%
福井県 846 344 40.7%
岐阜県 1,351 571 42.3%
静岡県 2,081 1,107 53.2%
愛知県 2,874 1,392 48.4%
三重県 1,020 484 47.5%
奈良県 2,637 1,516 57.5%
鳥取県 213 63 29.6%
島根県 245 97 39.6%
岡山県 1,225 420 34.3%
広島県 920 429 46.6%
山口県 754 280 37.1%
香川県 602 191 31.7%
愛媛県 473 161 34.0%
高知県 312 78 25.0%
福岡県 4,459 1,970 44.2%
佐賀県 786 331 42.1%
長崎県 519 250 48.2%
熊本県 751 307 40.9%
大分県 643 297 46.2%
宮崎県 433 170 39.3%
鹿児島県 796 282 35.4%
沖縄県 752 232 30.9%
関西広域連合 9,713 5,711 58.8%
年度計 65,288 28,328 43.4%

※徳島県は関西広域連合に含まれ、奈良県は含みません

最低合格率23.4%から最高合格率64.3%です。全国平均は43.4%です。

各都道府県別合格率から、わかること
・北海道、青森、宮城、山形が合格率60%超え

・岩手、秋田、福島、静岡、奈良、関西広域連合が合格率50%超え

・試験問題別(同日の試験日)合格率

令和元年(2019年)の登録販売者試験の日程は以下のとおりです。同日の試験は試験問題は一緒になります。別の日の試験は当然、試験問題は違います。当たり前ですね。

令和元年(2019年)の登録販売者試験日一覧

都道府県 試験日 合格発表
北海道・東北ブロック 8月28日 10月1日
甲信越ブロック 9月11日 10月11日
関東ブロック 9月8日 10月8日
東海・北陸ブロック 9月4日 10月18日
福井県 8月25日 10月4日
奈良県 8月20日 10月15日
関西広域連合 8月25日 10月4日
中国ブロック 10月30日 12月13日
四国ブロック 10月24日 12月3日
九州ブロック 12月8日 2020年1月15日

※関西広域連合に徳島県が含まれ、奈良県は含みません。九州ブロックに沖縄県が含まれます。北陸ブロックは福井県を含みません

令和元年(2019年)は全国で9回試験を受けるチャンスがありました。試験日別(問題別)に合格率をみると以下のようになります。

試験日別(問題別)合格率

都道府県 受験者数(名) 合格者数(名) 合格率
北海道・東北ブロック 8,262 5,024 60.8%
甲信越ブロック 6,712 2,311 34.4%
関東ブロック 14,409 3,707 25.7%
東海・北陸ブロック 8,826 4,157 47.1%
福井県+関西広域連合 10,559 6,055 57.3%
奈良県 2,637 1,516 57.5%
中国ブロック 3,357 1,289 38.4%
四国ブロック 1,387 430 31.0%
九州ブロック 9,139 3,839 42.0%
年度計 65,288 28,328 43.4%

※関西広域連合に徳島県が含まれ、奈良県は含みません。九州ブロックに沖縄県が含まれます。北陸ブロックは福井県を含みません

最低合格率25.7%から最高合格率60.8%です。全国平均は43.4%です。

次の年の登録販売者試験の日程は以下のとおりです。
令和2年(2020年)の登録販売者試験日一覧

都道府県 試験日 合格発表
北海道 12月13日 2020年1月25日
東北ブロック 8月26日 9月29日
関東ブロック 12月20日 2月5日(東京、神奈川、千葉、埼玉は1月29日)
新潟、山梨、長野 12月23日 2月5日
東海・北陸ブロック 9月2日 10月16日
福井県 8月30日 10月2日
奈良県 1月10日 3月5日
関西広域連合 8月30日 10月2日
中国ブロック 11月17日 12月25日
四国ブロック 10月22日 12月3日
九州ブロック 12月13日 2020年1月20日

令和2年(2020年)は全国で10回試験を受けるチャンスあります。今後も毎年9回から10回は試験を受けるチャンスは期待できます。

試験問題別(同日試験日)合格率から、わかること
・北海道・東北ブロックが合格率60%超え

・福井県+関西広域連合、奈良県が合格率50%超え

・【裏情報】登録販売者試験の合格率は発表より実は低い理由

これは、多くの登録販売者試験関係者が言わない事実です。

厚生労働省のデータ:各都道府県別の合格率の詳細(厚生労働省HP:令和元年度登録販売者試験実施状況より)には以下の記載があります。

同一人が複数の試験を受験し、複数の試験で合格している可能性があるため、受験者数及び合格者数は延べ人数である。
※上記は、令和2年3月31日現在の数値であり、各都道府県の当初の合格発表後、取消等になった合格者が除かれる場合があるので当初発表と異なる可能性がある。また、同様の理由により、以後合格者数が変動する可能性がある。

つまり、
登録販売者試験の併願者が2ヵ所以上の都道府県で合格している場合合格率は実際より上がる
登録販売者試験の併願者が2ヵ所以上の都道府県で不合格の場合合格率は実際より下がる

おそらくほぼ合格ラインに到達している受験者は万全を期して併願していると考えます。反対に合格ラインに届かない受験者は併願を見送り(来年に再受験)を選択する可能性が高い、というのが私の体感です。

理由は1か所併願するにも受験料手数料14,000円(各都道府県により違う)と他県への移動交通費が発生するからです。

費用が掛かっても併願する人は「登録販売者試験の合格の可能性が高い自信がある人(=今年で勉強を終わらせたい)」です。

合格率(難易度)を正確に測る(公平にする)には、「同日試験日に同内容の問題で試験する」しかない。という当たり前のことです。

【登録販売者試験の併願者の合格率に与える影響度
・令和元年度受験者数65,288人、合格者数28,328人、合格率43.4%から試算
・「併願者は2ヵ所で受験し2ヵ所とも試験に合格している」仮定で試算

併願者の割合
(併願者数)
受験者数
(併願者除く)
合格者数
(併願者除く)
合格率
10%(6,528人) 62,024 25,064 40.4%
20%(13,057人) 58,760 21,800 37.1%
30%(19,586人) 55,495 18,535 33.4%
40%(26,115人) 52,230 15,270 29.2%
併願受験者が合格率を押し上げている件
・実態は正確には測れません。がおそらく併願受験者は合格率を押し上げる作用をしていると予測

・厚生労働省の統計データ(登録販売者試験実施状況)は延べ人数です。

・まとめ:登録販売者試験難易度(合格しやすい県)ランキング

「各都道府県別合格率」と「出題問題別(同日の試験日)別合格率」及び「登録販売者試験は併願可能」な事で見えてくる事実は、

試験問題が違う以上、得点は違ってきます。「得点が違うならやはり合格率(難易度)は変わる」ということです。

登録販売者試験の合格基準は

・各章4割(都道府県によっては3.5割)以上の得点
・全体の7割以上の得点
と決められています。

それなら素直な問題(易しい問題)多い試験問題合格率は上がるでしょう。

試験問題別合格率が高い(素直な問題が多い)都道府県(ブロック)別ランキング
1位:北海道・東北ブロック
2位:奈良県
3位:福井県+関西広域連合

都道府県(ブロック)別合格率が高い(併願者が多い可能性がある)ランキング
1位:北海道
2位:宮城県
3位:青森県

まとめますと以下になります。

過去5年の合格率データからも、合格率ランキングの傾向は変わりません

現在の合格率が将来も保証する、ことにはなりませんが、併願先の選択の材料にはなります

試験問題が違い、合格基準が同じなら「素直な問題が多い試験」が有利です

・私の登録販売者試験の併願受験体験談

登録販売者の試験に一発合格するには「併願」は有効な戦略です。私も、一発で合格して勉強を終わらせたかったので併願受験しました。

会場の空気・雰囲気にもなれます。2回目の方がそのせいか、点数は良かったです。10点は上がりました。

試験問題も相性が良かったですね、2回目併願受験先の方が。やはり慣れというのは「実力を発揮する土台」です。

「併願のすすめ」でこの記事を締めさせていただきます。

参考:厚生労働省「これまでの登録販売者試験実施状況等について」より

この記事を書いている人 - WRITER -
現役の登録販売者です。 学生時代にアルバイト中に登録販売者の資格試験に合格しました。 一発合格で2ヵ所受かりました。 今でも後輩の登録販売者試験勉強の手伝いをやっています!2021年は別の世界を覗いてみたくて、転職活動をはじめました。登録販売者の資格でどこまで生きて行けるか?参考になれば嬉しいです。インドアのクセにチャレンジ好きです。










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登販部:登録販売者独学勉強方法 , 2020 All Rights Reserved.